塩ビシート防水

塩ビシート防水とは?

塩ビシート防水とは、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを、下地に貼り付けて防水膜を形成する工法のことを指します。

塩ビシートは耐候性に優れますが、つなぎ目部分はデリケート。施工不良があってはその隙間から雨水侵入を許してしまうことがあるため、確実で丁寧な施工技術が要されます。

さまざまな工法があり、それぞれにメリットがありますが、大きくは凹凸の影響を受けることなく均一に防水層を仕上げることができます。

 

塩ビシート防水のメリット

□コストパフォーマンスが高い
□工期が比較的早い
□歩行可能・重歩行可能(工法による)
□他の工法より天候に左右されない
□工程の間にかかる時間が少ない
□下地調整を省略できる
□通気層が広いため、下地の水分を逃がしやすい
□断熱性、施工性に優れている
□耐風圧性が高いため強風地域でも安心
□工期が比較的早い

 

工事料金(塩ビシート)

※現場によって費用は異なります。費用の目安としてご覧ください。

・接着工法 1㎡/4,500円~ (※100㎡以上の場合)

接着剤を使って防水層を下地に完全に密着させます。

・機械式固定工法 1㎡/6,000円~ (※100㎡以上の場合)

防水シートを接着剤ではなく、固定用アンカーを使って部分的に貼り付けます。

【代表直通】 080-6140-1496
【住所】 京都府京都市山科区西野今屋敷町27-4
【メール】 お問い合わせ≫
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】日曜日
【対応エリア】 京都府下にご対応

一覧ページに戻る